お客様の声/事例 VOICE / CASE

愛知県尾張旭市にて和室をヒノキ無垢のフローリングリフォーム 更新日:2021年02月26日

こんにちはインフィールドリフォームのいわむらです。

本日は、愛知県尾張旭市にて和室からフローリングへリフォームした事例をご紹介していきます。

 

リフォーム前の和室です。ここから畳を処分しフローリングを新しく敷く準備をしていきます。

 

まずは畳を剥がし、畳の厚さ分の床上げ作業を行います。

この作業を行わないと、畳の厚さよりもフローリングの方が、薄いですから高さがずれてしまうのです☝

↑は「根太(ねだ)」という部材で床板を支える部材です。薄い下地だけでは体重を支えきれないため、補強部材を使用します。

 

根太を設置したら次は、べニア板を張っていきます。この上からいよいよフローリングの新設です。

下地を補填し終え、ヒノキ無垢のフローリングを1枚1枚丁寧に張っていきます。

大工の川田さんです😊

細かい調整をしながら丁寧に張っていきます。とてもきれいな色です。

天然木材を使用するにあたり、スギがいいのかヒノキがいいのか悩まれる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

モデルハウスの床材で多く使用されているのは、スギの木の床材です。

なんといっても踏み心地、触り心地が最高です。柔らかいという特長からご高齢の方やお子様がまだ小さいご家庭でも安心して長くお住みいただけます。

では今回使用したヒノキは・・・とても丈夫な木材です。耐久性や耐水性に優れている機能面に優れており傷がつきにくい木材です。

なんといっても香りがよく、リラックス効果があり、どこか爽やかさもほのかにあって頭をスッキリさせてくれます。

無垢材ならではの調湿効果があるので、暑い夏場やじめっとした暑さの中でも、サラッと素足で過ごせるため快適です。

 

無垢材は一般的なフローリング材よりも高価ですが、香りや触れ心地、月日と共に深みが変わっていく建材の色の変化も楽しめるます。

 

今回はヒノキ無垢に床をリフォームした事例をご紹介させていただきました。

◎施工内容◎

施工現場:愛知県尾張旭市

施工内容:和室からフローリングへ床リフォーム

使用床材:ヒノキ無垢

施工価格:372,000円

 

施工後、お部屋に漂う木材の香りと無垢ならではの踏み心地にお喜びいただく姿に私たちも嬉しいです。

 

インフィードリフォームでは、内装リフォームが可能です。

お悩みありましたらご相談ください😊

 

ではまた(⌒∇⌒)

 

よくある質問 お客様よりいただいた質問をまとめております。

まずは、お見積り

  • お電話でもお気軽にお問い合わせください

    0120-554-938

    受付時間:平時9:00~18:00
    (定休:火曜日・隔週水曜日)

  • メールでのお問い合わせ

    WEBで確認WEBで確認

    24時間受付中