耐震基準とは(たいしんきじゅんとは)

建物を設計する際に、その建物が最低限の耐震能力を保有していることを保証したうえで、建築を許可する基準のこと。