在来工法とは(ざいらいこうほう)

日本の建築における伝統工法の1つ。柱や梁を組み合わせて骨組みを作り、筋交いなどで補強する施工技術のこと。