在来工法とは(ざいらいこうほう)

柱と梁で骨組みをつくり、筋交いで補強して建物を支える日本の伝統的な工法。木造軸組み工法、在来軸組工法とも呼ばれる。