蹴上げとは(けあげとは)

階段の1段ごとの高さのこと。建築基準法において、蹴上げは230mm以下と定められている。