型板ガラスとは(かたばんがらすとは)

片側だけに型模様をつけたガラス。光の屈折が起こるため、ガラス超しの景色がぼやけて見える。ただし光を遮るわけではないので明るさに影響はない。