キッチンの床の張り替えにかかる費用の相場とは?愛知県調べ 更新日:2020年10月17日

キッチンの床の張り替えの目安は約20年と言われていますが、床が浮いてきた….軋むなど、異常を感じるようになってきたらリフォームを検討するサインと言われています。

床の異常の他にも、模様替えなどでキッチンのリフォームを考えている場合もあると思いますが、どちらにせよ気になるのは「費用がどのくらいかかるのか」ということではないのでしょうか。

そこで今回は、愛知県でキッチンの床の張り替えにかかる費用の相場についてご紹介します。

リフォームを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

キッチンで人気の床材

 

キッチンは、家の中でも水回りの場所であり、床材の大敵である水気が多い場所です。

そのため、キッチンでは撥水効果が高く汚れに強い床材は人気です。

ここでは、そのなかでも様々な観点から人気のある床材をいくつかご紹介します。

まずは、タイルです。

タイルは、撥水効果や汚れにも強く手入れが簡単なので、とても人気があります。

昨今では、タイル特有の冷たさや滑りやすさを改善したものもあるので、ぜひお近くの地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談してみてください!

次に、クッションフロアです。

クッションフロアはビニール加工されているので、タイルと同様に撥水効果があり、汚れにも強い素材で、とても人気があります。

そして、価格が他の素材に比べてお手軽なものが多く、コスパ良くリフォームをしたい人にはぴったりな素材なのです。

このように、キッチンには多種多様な床材が存在しているので、ニーズにあった床材を選択して、理想のキッチンを実現しましょう!

 

キッチンの床の張り替えにかかる費用の相場

 

キッチンの床の張り替えにかかる費用は、他の部屋と同様に工賃と素材の費用で構成されています。

工賃の目安は、一般的な4畳でおおよそ3万円です。

そこに材料費がかかってきます。

材料費は材料によって大きく左右されます。

コスパの良いフロアキッチンだと、1平行メートルあたり約3000円からありますが、高級感を求める方に人気な大理石で作られたパネルの場合、1平方メートルあたり約20000円と素材により大きな値段の幅があるのです。

キッチンの床を張り替える際は、用途と予算にあった床材を選びましょう。

 

快適なキッチンにしたいならプロに相談してみよう

 

キッチンの床のリフォームは、DIYすることも可能です。

キッチンということもあり、作業日数もさほどかかりません。

しかし、キッチンは家の中でも水気が多い場所にあります。

リフォームをDIYで行った際、万が一隙間ができてしまうなどの不備があった場合は、床や床の下地の痛みを進めてしまう原因になりかねません。

また、いざ床を剥がしてみたら下地の傷みが進行していた場合、DIYで修復するには限界がありあます。

そういったことを含め、快適により長持ちする床にリフォームするためには、まずプロに相談することをおすすめします。

特に地域密着のフローリングリフォーム専門店だと、リフォーム後にトラブルがあった場合も相談しやすく、安心感を得ることができるでしょう。

また、地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば、低価格でペット用の床材にも対応可能です。

 

関連記事

まとめ

 

今回は、キッチンの床の張り替えにかかる費用の相場についてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

キッチンの床の張り替え費用は、床の素材によって大きく左右されます。

キッチンの床のリフォームの目安は約20年であり、頻繁に行うものではないので、予算や好みを考慮し後悔しないリフォームを楽しんでください!

地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談すると、快適な家づくりを実現することができるので、ぜひ相談してみましょう。

15畳のフローリングの張り替えにかかる費用の相場とは?愛知県調べ 更新日:2020年10月12日

15畳は、一軒家や分譲マンションでは標準とされている広さです。

一人暮らしで標準的な6畳8畳の広さと比較すると広く感じるでしょう。

また、15畳の広さになると正方形・長方形・L字型など、さまざまなレイアウトのバリエーションがあるので、インテリアの配置によって好みの部屋を演出できることも魅力です。

そんな15畳の部屋のフローリングの張り替えを行おうと思っても、一体どのくらい費用がかかるのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、愛知県で15畳のフローリングの張り替えにかかる費用の相場をご紹介します。

是非参考にしていただければ幸いでございます。

 

15畳の部屋に最適な床材

 

15畳の広さになると、正方形・長方形・L字型などレイアウトのバリエーションが増えるので、パーテーションで区切ったり、インテリアを工夫したりと様々な雰囲気を楽しむことができます。

床はそんな広い部屋にとって、とても重要な役割を持ちます。

なぜなら、床の素材によって部屋の雰囲気が大きく変化するからです。

部屋は普段生活する場所でもあり、自分の好みを反映させることができる空間だからこそ、どのような床材を選択するかを悩みますよね!

ここでは、フローリングの張り替えの費用の相場をご紹介する前に、15畳の部屋におすすめしたい床材をいくつかご紹介します。

まずは、古材の床材です。

ヴィンテージ素材ならではの日焼け感があり、レトロな雰囲気やこだわりのある部屋が好みの方におすすめです。

15畳という余裕のある部屋の広さを十分に生かすことができます。

次に、無垢材の床材です。

無垢材は自然の素材を活かした床材なので、同じ模様が1つとしてなくオリジナリティのある部屋を演出することができます。

こちらは、木の種類によって様々な自然らしさを味わうことができるのでおすすめです。

そして最後におすすめしたいのが、複合素材のフローリングです。

15畳の広さになると、床のダメージも気になるでしょう。

傷に強く、床の大敵である水気にも強い素材で、さらに価格も抑えることが可能な素材なので、コスパ良く好みの部屋を演出したい方にはぴったりな素材です!

 

愛知県で15畳のフローリングの張り替えの相場

 

フローリングの張り替えの費用は、工賃・材料費から構成されています。

工賃は、部屋が広くなればなるほどかかります。

15畳のフローリングの張り替えを行う時にかかる工賃の相場は、家具の移動費や既存のフローリングの撤去作業を含めて約15万円です。

材料費は、比較的コストを抑えられる複合素材のもので、15畳あたり15万円ほどとなっています。

無垢材であったりヴィンテージものになると、より値段は高くなります。

また、工賃・材料費以外にも費用がかかる場合があるので注意してください。

もし、フローリング下地の痛みがひどい場合は、処置代として数万ほど費用がかかります。

状態をみなければ正確な価格はわからないので、フローリングの張り替えを検討されている方は、お近くのリフォーム専門店に相談してみてください。

 

DIYとプロに任せるメリットとデメリット

 

昨今、DIYの人気にともない、フローリングなどを自分でリフォームする人が増えているようです。

果たして15畳のフローリングの張り替えを行う時に、プロに任せるのとDIYではどちらが良いのか考えている方も多いのではないでしょうか。

DIYの場合、自分の好みを部屋に反映させることができますし、広範囲のリフォームをやり切るという達成感を得ることができるでしょう。

ただし、フローリングの張り替えは一筋縄では行かない場合があります。

床は、使用時間が経過すればするほどダメージが蓄積するので、下地まで傷んでしまっているとDIYで修理することが難しい場合もあるのです。

プロに依頼すると、DIYと比べたら達成感は得られにくいかもしれませんが、スムーズな工事を行い、好みの部屋を作り上げたい場合は、初めからプロに依頼すると良いでしょう。

リフォームを検討されている方は、地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談することをおすすめします。

関連記事

 

まとめ

 

今回は、愛知県での15畳のフローリングの張り替えにかかる費用の相場についてご紹介しましたが参考になりましたでしょうか。

15畳のリフォームは施工の範囲が広く、様々な演出ができる一方で大掛かりな施工になります。

どんな部屋にしたいのかなど、決まったらどのくらいの費用がかかるのかなど、まずは地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談することをおすすめします。

地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば、DIYより低価格で高クオリティの床リフォームが実現可能です。

床のリフォームは頻繁に行うものではないので、しっかりと事前調査をして満足のいくリフォームを実現しましょう!

12畳のフローリングの張り替えにかかる費用の相場とは?愛知県調べ 更新日:2020年10月07日

家の中で、最も触れることが多いフローリング。

長年使用していると、傷や凹みが気になってくるものです。

フローリングの傷を放置すると、腐食などの原因にもなりかねないので、傷の進行具合によっては張り替える必要があります。

また、家で一緒に過ごす小さなお子様やペットにあったフローリングに張り替えることもあるでしょう。

しかし、気になるのはフローリングの張り替え費用ではないでしょうか。

12畳の部屋と言えば、一般的に広めな一人暮らし用の物件や、リビングでみられますが、6畳の部屋に比べたら倍の広さになるので、フローリングの費用も変化します。

そこで今回は、愛知県で12畳のフローリングの張り替えにかかる費用の相場をご紹介いたします。

リフォームをご検討の方は是非ご参考にしてみてください!

 

12畳の部屋に最適な床材

 

フローリングの張り替えの費用相場を知っていただく前に、12畳の部屋に適した床材はどのようなものがあるのかをご紹介します。

12畳は、やや広めな一人暮らし向けの部屋や家族向けの物件のリビングなど生活の中心の部屋によく利用される広さです。

そのため、住む家庭の構成やペットの有無で適した床材が変わってきます。

様々な条件を配慮した、いくつかの床材をご紹介します。

まず、小さなお子様がいる方におすすめなものは「無垢材のフローリング」です。

無垢材とは自然な素材をいかしたもので、自然ならではの手触りや足触り、調湿効果があるので1年を通して快適に過ごすことができます。

次に、「クッションフローリング」です。

撥水性や防臭効果があるものもあり、ペットを室内で飼育しているご家庭や小さなお子様がいるご家庭におすすめです。

また、集合住宅の場合は下の部屋に対して音の配慮は欠かせません。

そんなとき「クッションフローリング」の場合、素材の柔らかさがあるので他の床材に比べ音を吸収する効果が期待できるのです。

そして、最後にご紹介するのは「複合のフローリング」です。

無垢材のフローリングが自然の物を活かしたものなのに対し、この複合のフローリングは様々なニーズに対応すべく加工された床材になります。

このように、フローリングの床材には傷がつきにくいものや撥水効果のあるものなど、ニーズにあったものを選ぶことができるのです。

 

愛知県で12畳のフローリングの張り替えの相場

 

フローリングの張り替えの費用は、「施工する広さ」はもちろんですが、「素材」「工法」によって左右されます。

素材について、先ほど3つご紹介しました。

販売する業者によって値段は変わりますが、主に「無垢材」「複合材」「クッションフローリング」の順に値段が安くなっていきます。

工法については、既存のフローリングを全て剥がして張り替えるケースと、既存のフローリングの上に新しい床材を重ねるという2パターンがあります。

では、仮に12畳のフローリングを張り替える時の費用はどれぐらいなのでしょうか。

重ね貼りではなく全てを張り替える場合、工賃の相場は約10万円でフローリングの撤去処分費用は約3万円です。

さらに、床材に費用がかかります。

複合材のフローリングで張り替える場合、12畳あたりの相場は約12万円。

これらを合算して、おおよそ25万円が12畳のフローリングの張り替えにかかる費用となります。

工賃や材料費は施工する会社によっても異なるので、実際の費用は依頼する会社にしっかりと確認しましょう。

 

効率重視ならプロにお任せ!

 

昨今のDIYブームでフローリングの張り替えに挑戦する人が増えているようですが、効率良くリフォームするならばプロに依頼することをおすすめします。

12畳となると、DIYだと時間がかかりますし、何より家具を運びだすなど重労働になります。

DIYだと自分の手で施工を行うので、家が変わっていく様子を楽しむことができるのがメリットです。

しかし、材料の買い出しも含め、DIYをじっくりと楽しむ時間を作ることはなかなか難しいという方も多いのではないでしょうか。

プロに依頼すると高くつくと思いリフォームを躊躇する方もいらっしゃると思いますが、失敗のリスクなどを考慮すると、プロに依頼するほうが短時間でクオリティーの高い施工を実現することが可能です!

また、プロに依頼する際は、地域密着のフローリングリフォーム専門店に依頼しましょう。

 

関連記事

まとめ

 

今回は、愛知県での12畳のフローリングの張り替えにかかる費用の相場についてご紹介しました。

12畳はやや広範囲なリフォームとなります。

材料や工法によって費用も異なるため、まずは地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談して、低価格で高クオリティのリフォームを実現しましょう。

フローリングを変えると部屋の雰囲気も変わるので、ぜひ納得のいく素敵なリフォームにしてください!

まずは、お見積り

  • お電話でもお気軽にお問い合わせください

    0120-554-938

    受付時間:平時9:00~18:00
    (定休:火曜日・隔週水曜日)

  • メールでのお問い合わせ

    WEBで確認WEBで確認

    24時間受付中