床フローリングのベタつき!大掃除の方法をご紹介 更新日:2021年01月22日

表面加工が施された木質系材料の床材であるフローリングは、多くの家庭で親しまれています。

そんなフローリングですが、時々ベタベタして気になるといった経験をされた方も多いでしょう。

新築のフローリングはスベスベしており、気持ちよく歩くことができるように仕上げられていますが、住み続けていると次第にベタつきが起こってしまいます。

そんなフローリングのベタつきは非常に気になるため、きれいに掃除をしたいものです。

しかし、その原因を知らないと、またすぐにベタつきが起こってしまうか心配でしょう。

そこで、今回は床フローリングのベタつきの原因と掃除方法について紹介させて頂きます。

 

床のベタつきはなぜ起こるの?

フローリングのベタつきが起こる主な原因は、油や脂の汚れです。

私たちは日々生活をする中で、料理を使う際に油を使用することがあります。

料理に使用した油は、調理中や食事中に床に飛んでいることがあります。

こうした油汚れによって、床のベタつきが起こるのです。

油汚れはベタつきだけではなく、落ちにくい厄介な汚れの原因にもなるので、床に付着した油はすぐに拭き取ることをオススメします。

また、料理に使われる油だけではなく、私たちの足裏の皮脂や汚れもベタつきの原因になります。

靴下を履いていても、汗や汚れを完全に防ぐことはできません。

こうした日常の何気ない動作によって、フローリングのベタつきが発生するのです。

このように、床のベタつきが起こる原因は多岐に渡るため、小まめな掃除が大切なのです。

 

床のベタつきを解決する掃除方法は?

床のベタつきを解決するためには、掃除を行う必要があります。

掃除の際には、油汚れに効果的な食器用中性洗剤を使用するといいでしょう。

まず、掃除機で大まかな汚れを取り除いてください。

その後、雑巾に洗剤を2~3滴垂らし、よく揉み込みましょう。

洗剤を揉み込んだ雑巾で、ベタ付きが気になる箇所をきれいに拭きます。

この時に、フローリングの板の目に沿って拭くと、きれいに拭くことができるでしょう。

洗剤付き雑巾で拭き終わったら、雑巾の洗剤をきれいに洗い流し、同じ箇所を水拭きして洗剤を落とします。

最後に乾いた雑巾で乾拭きをすれば、掃除完了です。

このように、ご家庭にある物だけで簡単に掃除を行うことができます。

また、中には食器用中性洗剤ではなく重曹や酢を使うなど、自身のやりやすい方法で掃除を行う方もいらっしゃいます。

掃除方法は多種多様なため、汚れに合った方法できれいにしましょう。

 

掃除をしてもベタつきが解消されない場合は?

食器用中性洗剤などを使って掃除をすれば、床のベタつきは解消されます。

しかし、中には掃除をしてもベタつきが改善されないという場合もあります。

その場合に考えられることは、ベタつきの原因が床の汚れではなく、ワックスの劣化かもしれないということです。

フローリングの表面に施されているワックスは、長く住み続けていると次第に剥がれていきます。

ワックスが剥がれた場所が湿気や汚れの影響を受けて、ベタつきが起こるのです。

この場合は、剥がれたワックスを塗りなおすと改善されます。

フローリングのワックスは、定期的な塗りなおしをオススメします。

 

まとめ

今回は、床フローリングのベタつきの原因と掃除方法について紹介させて頂きました。

日々の生活の中で床がベタつくと、非常に気になるでしょう。

今回ご紹介させて頂いた掃除方法は多くの方に親しまれている方法であるため、フローリングのベタつきが気になる方は、まずはきれいに掃除をしてみてください。

ただし、フローリングも日々の生活の中で少しづつダメージが蓄積されているのです。

特に10年以上経過したフローリングは、ワックスの剥がれた箇所から湿気によるダメージで劣化が進んでいることが考えられます。

そのようなフローリングは、掃除やワックスの塗りなおしを行ってもベタつきが頻繁に起こる場合があります。

もし、対策をしてもベタつきが直らない場合は、フローリングそのものに原因があるかもしれません。

このような場合は、将来を見据えてリフォームを行うことをオススメします。

フローリングは、快適な日常生活に欠かせないものです。

足元の異常を感じたら、すぐに対処しましょう。

フローリング床の傷防止するシートについて教えます。 更新日:2021年01月10日

物を落としたり、家具を引きずったりした際に、フローリングに傷がついてしまったという経験をされた方は非常に多いものです。

特にお子様がいる家庭では傷がつくことが多々あるため、頭を抱えている方もいらっしゃるでしょう。

フローリングの傷は放置していると、傷に埃や汚れが蓄積されていきます。

その結果、フローリングの劣化の原因になるのです。

フローリングはふとした時に傷がついてしまうため、どんなに気を付けていても完全に防ぐことは難しいでしょう。

そんなフローリングの問題に対して、最近では傷の防止をするシートがあることはご存じでしょうか?

このシートを活用することによって、フローリングを傷から保護することができるのです。

今回は、フローリング床の傷を防止するシートについてご紹介させて頂きます。

 

フローリングに傷がつく理由

フローリングに傷がつく主な要因としては、重いものを落とすことや家具を引きずる、尖ったものを当ててしまうなどが挙げられます。

こうした要因によって起こる傷は不注意が原因であるため、日々注意をしていれば防げるでしょう。

一方で、小さいお子様がオモチャなどで傷をつける場合や、ペットの爪などで傷がつく場合など、どんなに注意をしても傷がつく場合もあります。

フローリングに傷がつく原因は様々ありますが、こうした傷が蓄積されることによってフローリングの寿命が短くなるのです。

そのため、傷がつかないような対策を早期に検討する必要があります。

 

フローリングの傷を防ぐためのコツ

フローリングに物を落とすことによって生じる傷に対しては、フローリングにカーペットを敷くことによって防ぐことができます。

また、イスやテーブルなどの脚に靴下やクッション性のカバーをすることで、引きずった時の傷を防ぐことができるでしょう。

このように、対策をすることによってフローリングの傷を防ぐことは可能です。

ただし、カーペットやカバーを用いると、家具のバランスが悪くなることや、ズレが気になるなど、使いにくさを感じることもあるでしょう。

こうした使いにくさを解消したものが、傷防止シートなのです。

 

フローリングの傷を防ぐ傷防止シート

フローリングの傷を防ぐ防止シートは、シールの様に張り付けることができるため、よく動かすイスの下にも使用することができます。

このシートは非常に薄いにも関わらず、耐久性に優れているため、物を落としたり家具を引き摺った際に生じる傷を防ぐことができるのです。

さらに、シールの裏は微粘着であるため、剥がした後はフローリングにノリ残りがありません。

そのため、賃貸住宅等のような原状回復が必要な場合でも活躍するでしょう。

このシートは1mあたり2,000円前後で購入することができます。

フローリングの傷が気になる方や、賃貸住宅にお住まいの方にはオススメの商品です。

 

まとめ

今回は、フローリング床の傷を防止するシートについてご紹介させて頂きました。

フローリングに付いた傷は、フローリングの寿命を短くする原因になるため、早急な対策が必要不可欠です。

今回ご紹介させて頂いた傷防止シートは使いやすく、貼る場所も自身で選ぶことができるため傷防止に最適です。

特に新築でご自宅を建てた方や、フローリングのリフォームを検討している方にも必要なアイテムでしょう。

ところで、これからフローリングのリフォームを検討している方は、依頼をする業者をもう見つけましたでしょうか。

もしもまだ見つかっていないのであれば、地域密着のフローリングリフォーム専門店をオススメします。

地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば、大手よりも安い価格で施工してくれるのに加えて、施工内容や予算に関して柔軟な対応を行ってくれるでしょう。

また、昔からその地域に特化した運営を行っているため、高い技術力があるのです。

傷ついたフローリングのリフォームをお考えの際には、地域密着のフローリングリフォーム専門店を検討してみてはいかがでしょうか。

布団を敷いていたフローリングの床にカビが!?解決方法を公開 更新日:2021年01月05日

洗面所やお風呂場などはカビが生えやすい場所であるため、常に気を付けている方も多いでしょう。

自宅の中にカビが発生してしまうと、健康面の心配はもちろんのこと、住み心地が悪くなるように感じてしまうものです。

そんなカビですが、実は水回りだけでなくフローリングや布団にも発生することをご存じでしょうか。

毎日就寝の時に使っている部屋や、布団に黒いカビが生えていたらショックですよね。

今回は、布団を敷いていたフローリングからカビが生える原因と、その対策についてご紹介させて頂きます。

 

布団を敷いていたフローリングにカビは生えるの?原因は?

布団を使っている方の中には、朝は忙しくて畳む時間がないから常に布団を敷きっぱなしという方もいらっしゃると思います。

実はそれがカビの発生する大きな原因なのです。

カビは、湿気が高く汚れが溜まった場所を好みます。

私たちは寝ている間にコップ1杯分の量の汗をかくといわれています。

その汗を吸収した布団は、湿気が多くなっているのです。

湿気が多くなった布団と、寝ている間に落ちた髪の毛や皮脂の汚れ、フローリングの表面に蓄積された汚れなどによってカビが発生するのです。

このように、布団を敷きっぱなしにしていると、知らないうちにカビにとって快適な条件が整ってしまいます。

 

フローリングのカビを防ぐためにはどうすればいい?

フローリングのカビを防ぐには、部屋をきれいにしておくことや、布団を毎日片付けることが有効的です。

先ほどもご紹介したように、カビが発生する原因の1つは部屋の汚れです。

そのため、フローリングの表面や、埃の溜まりやすい部屋の四隅をきれいにしておきましょう。

掃除の際には掃除機でゴミをとるだけではなく、雑巾で拭き掃除まですることをオススメします。

また、布団を敷きっぱなしのままにしていると、カビが発生しやすくなります。

毎朝必ず布団を畳むように心掛けましょう。

他にも、畳んだ布団をそのままフローリングに置いてもカビが発生してしまいます。

晴れた日には布団を干し、布団を収納する際はフローリングに直接触れないように、湿気取りシートなどを敷いた上に布団を置きましょう。

 

フローリングのカビはどうすればきれいになるの?

どんなに気を付けていても、油断するとカビは発生してしまうものです。

カビが発生した場合は、すぐに除去することが大切です。

カビをきれいにするためには、まず雑巾などで水拭きします。

また、カビの掃除に使った雑巾は必ず捨てましょう。

水拭きが終わったら、アルコール除菌スプレーをカビに直接吹きかけて死滅させます。

その後、乾拭きして除去します。

フローリングの間にカビが発生していることもあるため、つまようじを使ってきれいに取り除きましょう。

最後に黒い汚れがしっかりと落ちていることを確認し、乾拭きをして掃除終了です。

 

まとめ

今回は、布団を敷いていたフローリングからカビが生える原因と、その対策についてご紹介させて頂きました。

カビが発生すると部屋全体に嫌な臭いが漂うだけでなく、咳やアレルギーの原因にもなるため、決して放置してはいけません。

今回ご紹介させて頂いた方法で、カビの発生を防ぎましょう。

カビが発生してしまった場合は、すぐにアルコール除菌スプレーを使用して、きれいに掃除しましょう。

しかし、カビはいつの間にか発生しているため、気が付いたらフローリングの深い部分に繁殖してしまい、黒い汚れが落ちないといったことも起こり得ます。

そんな時は、リフォームを検討しましょう。

リフォームを行う場合は、地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談することをオススメします。

地域密着で運営しているため、見積もりや施工の際には迅速に対応してくれるでしょう。

また、長年の施工実績への安心感や、施工費用に関する相談も受け付けているため、低価格で高クオリティの床リフォームが可能です。

フローリングに発生した厄介なカビは、地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談してみましょう。

まずは、お見積り

  • お電話でもお気軽にお問い合わせください

    0120-554-938

    受付時間:平時9:00~18:00
    (定休:火曜日・隔週水曜日)

  • メールでのお問い合わせ

    WEBで確認WEBで確認

    24時間受付中