ペットによる「床の傷」を避けるには床リフォームが鍵! 更新日:2020年10月27日

「ペットは家族」という考えが主流になり、家のなかで一緒に過ごすことが多くなったペット。

室内で共に過ごすことが増える一方で、様々な問題も発生するのです。

例えば、「床の傷」「騒音」「フローリングによるペットの足への負担増」「臭い」などがあります。

ペットと快適に過ごすためには様々な工夫が必要なのです。

そこで今回は、様々な課題があるなかでペットによる「床の傷」のリスクをどのようにすれば避けることができるのかについてご紹介します。

現在ペットがいらっしゃる方や、これから迎えようとしているご家庭で、床のリフォームを検討している場合は参考にしてみてください!

 

ペットによる「床の傷」を放置してはいけない理由

 

ペットを室内で飼育しているとどうしても起こりうる問題、それが「床の傷」です。

日頃爪の長さを管理するなど対策をしても、床の傷はつきものです。

床の傷は絶対に放置してはいけません。

床の傷の原因はペットだけに限りませんが、傷を放置し続けた場合、本来水気や汚れなどから家を守っている床の機能を十分に発揮することができません。

傷みの度合いにもよりけりですが、最悪の場合床の腐食の進行を後押しする原因になってしまいます。

特にペットを室内で飼育している場合、水を溢してしまったり、トイレを定位置でしなかった場合に床を通常より傷める原因にもなります。

床のリフォームは、通常20年ほどサイクルで行うものですが、床の傷を放置した場合はグッとその期間が短くなってしまいます。

現在床の傷が目立つ、一度リフォームをしたが傷がすぐに目立ってしまうという場合は、一度床の素材を見直す必要があるかもしれません。

 

ペットに最適な床材

 

前述したとおり、ペットによる床の傷は放置してはいけません。

床の素材はたくさんあるので、リフォームする際はどんな素材を使えば良いのか悩みますよね。

ここでは、ペットによる床の傷に対応しているおすすめの床の素材をいくつかご紹介いたします。

まずは、クッションフロアです。

クッションフロアは、ビニール製なので丈夫で耐久性にすぐれている素材です。

他の素材と比べ1平方メートルあたりの価格が安いので、傷が増えた場合も比較的安価で張り替えることができます。

また、クッション性があるのでペットの足腰にも優しく、匂い対しての加工がされているものもあるので、手入れがとても簡単です。

昨今では、傷がつきにくいものもあるので、ぜひ地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談してみましょう。

次に、フロアパネルです。

クッションフロア同様クッション性に優れており、汚れても水洗いすることができます。

また、1枚あたりの価格が安価なので、とても経済的に利用することができます。

他にも、フローリングでも滑りにくい加工がされたものや、水気に強いものなど様々あります。

 

ペットのために床を張り替えるならばプロに相談を!

 

ペットの床の張り替えで大切なことは「丁寧な施工」です。

例えば、ちょっとした隙間などがペットの足に引っかかってしまうと、せっかくペットのために床を張り替えたのに怪我の原因になってしまう……なんてことにもなりかねません。

安心してペットと室内で過ごすためには、プロに相談することが1番です。

プロに頼むと料金が心配という人も多いかもしれませんが、プロに依頼すればより長く床を安心して使うことができるので、実はコスパが良いのです。

予算やニーズにあった施工を提案してくれるので、まずはプロに相談してみましょう。

地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば、低価格でペット用の床材にも対応可能です。

また、地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば地元での施工事例が豊富なため、より地域の相場を知ることが可能であり、もし何かトラブルがあった時にすぐに相談できるので安心です!

 

関連記事

まとめ

今回は、ペットによる「床の傷」を避けるにはどのような床が良いのかについてご紹介させていただきました。

大切なペットと安心して暮らすためにも、家を丈夫に保つような対策をしっかり行いましょう。

ペット対応の床は高いと思われがちですが、材料や工事の方法を見直せば思ったよりも低価格での施工が実現可能です。

ペットのためのリフォームを検討している方は、ぜひお近くの地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談してみましょう!

キッチンの床をタイルにリフォームする時のメリットデメリット 更新日:2020年10月22日

キッチンは、家の中でも汚れやすい場所です。

料理をすれば油が跳ねたり、水も飛びます。

食器を洗えば洗剤を含んだ水が飛び散ってしまうので、埃などもたまりやすくなり、汚れが気になることが多いのではないでしょうか。

水回りの傷みを放置していると、最悪の場合腐食してしまい、家の天敵でもあるシロアリの発生を促してしまう原因にもなるので、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

このようなケアが重要な床には、どのような素材が最適なのでしょうか。

そこで今回は、キッチンの床の素材の中でも人気のあるタイル床のメリットデメリットについて、ご紹介します。

リフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

キッチンに最適な床材とは?

 

キッチンに最適な床材をご存知でしょうか。

キッチンの床は、水や油、洗剤などが飛び散るため、そのケアを怠るとシロアリが発生してしまったり、腐食を進めてしまう原因になります。

そのため、キッチンの床材の条件は、必然的に防水性があることやさっと水拭きすることで清潔にすることができるなど、手入れがしやすいものということになります。

ここでは、キッチンに最適な床材について、いくつかご紹介します。

まずは、クッションフロアです。

クッションフロアはビニール加工されているので、防水効果が高く、他の床材に比べ価格が抑えられることが特徴です。

様々な柄のバリエーションがあるので、他の部屋の床と合わせてアレンジを加えやすく、とても人気があります。

次に、複合フローリングです。

他の部屋でも良く使われる素材ですが、クッションフロアとは違い木材なので他の部屋のフローリングとの相性もよく、おしゃれに演出することが可能です。

機能性のバリエーションもあるので、防水効果もバッチリです。

 

タイルのメリットデメリット

 

キッチン向けの床材は様々な種類がありますが、よりお洒落を楽しみたい人におすすめなのが、タイルです。

タイルをうまく利用すると部屋の雰囲気を大きく変えることができるので、リフォームする時は検討してみてください!

タイルは、とにかく掃除がしやすく、耐久性、耐水性が高いのが特徴です。

床の大敵である水気が多いキッチンですが、タイルであれば床が汚れてしまった場合すぐに拭き取ることで、きれいに保つことが可能です。

また、タイルは他の素材と比較して硬く傷つきにくいという特徴があるので、物を落とした時に凹んでしまうリスクを減らすことができ、長く使うこともできます。

タイルの魅力は、機能性だけではありません。

デザインが豊富なのでより高級感を演出することもでき、部屋の雰囲気をがらりと変化させることができるのです。

しかし、メリットがあればデメリットもあるのです。

撥水性が良いがため、滑りやすいものもあったり、夏場はひんやりとしていて快適に過ごせるのですが冬場になると冷たいと感じる素材もあります。

ただ、昨今ではより快適に過ごせるように、一般的な素材に比べ滑りにくく、冷たさを感じにくい素材もあるので、リフォームを行う際はお近くのプロに相談することをおすすめします。

 

キッチンでの時間を快適にしたいならプロにお任せ!

 

いざキッチンのリフォームをしようと思った時に悩むのはリフォームを自分で行うのか、もしくはプロに任せるのかということではないでしょうか。

昨今のDIYブームで、ちょっとした家具を作るだけでなく床の張り替えを行う人も多いです。

両者には、それぞれの良さがあります。

DIYで行えば、自分の力で生活の場を手掛けることができたという達成感を得ることが可能ですが、プロに任せれば効率良く施工できるので、時間を有効活用することが可能です。

また、プロに依頼する場合は地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談することをおすすめします。

地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば、DIYより低価格で高クオリティの床リフォームが可能です。

 

関連記事

まとめ

 

今回は、キッチンの床の素材の中でも人気がある、タイル床のメリットデメリットについてご紹介しました。

キッチンでの時間を、より機能的で快適に楽しみたいならばタイル床がおすすめです。

リフォームを考えている方は、ぜひタイルを床材の候補に取り入れてみてはいかがでしょうか。

洗面所の床リフォームの費用や相場感とは?愛知県調べ 更新日:2020年09月25日

家にはたくさんの部屋があり、各箇所に最適な素材が使われています。

その中で、特にリフォームの素材選びが重要になるのが、洗面所です。

床材の大敵である湿気が多い洗面所は、他の部屋に比べて長時間水気に晒されているので腐食しやすく、適切なケアをしないと土台まで傷んでしまい、床のリフォームだけでは収まらないケースもあります。

床のリフォームは、一般的に10年から15年ほどで行います。

リフォームの頻度は多くないので、洗面所は水に強い素材を使わなければいけないのか……そうすると値段は高くなってしまうのではないか……などが気になるでしょう。

そこで今回は、洗面所の床リフォームの費用や相場感をご紹介します。

是非、参考にしてください!

 

洗面所の床にぴったりな床材とは

 

洗面所は、歯磨きや濡れた体を拭いたりするので、常に水気がある場所です。

そのような場所に最適な床材を、トラブルを例に挙げてご紹介します。

まずは、「汚れ」です。

水が汚いのではなく、飛び散った水の上を素足や靴下などで歩いた際に発生するほこりが残ってしまい、汚れが沈着してしまいます。

汚れの原因は水だけではありません。

女性の場合、化粧を洗面所でおとしたり、化粧水などでケアを行うと思います。

それらには油分が含まれており、気づかぬうちに床についてしまいます。

また、スプレーなどの整髪料をよく使うご家庭だと、滑りやすく転倒するというトラブルが起こることもあるのです。

次に、「冷え」です。

冬になると、風呂上りに歩く洗面所の床の冷たさに驚いた経験はありませんか?

昨今、洗面所用の小さなヒーターなどが販売されていますが、床のひんやり感を軽減する床材も存在するので、検討してみてはいかがでしょうか?

以上のことから、洗面所の床材を選ぶ際は「汚れ」や「冷え」を軽減してくれるものを選びましょう。

 

DIYとプロに任せるメリットとデメリット

 

床のリフォームは費用がかかるので、少しでも安く済ませたいところです。

DIYは自分で行うので、工賃がかからず材料費だけで済みます。

安く感じるかもしれませんが、かかる時間とクオリティを考えるならばプロに任せた方が確実にきれいに仕上がるので、将来的に使用する期間を考慮すると、とても経済的なのです。

また、水気が常にある洗面所の床は、特に丁寧に仕上げる必要があります。

なぜなら、もし隙間があればそこから水分が侵入してしまい、床が腐食する原因になるからです。

生活で頻繁に使う場所だからこそ、信頼できるプロに依頼することをおすすめします。

 

愛知県の洗面所の床リフォームの費用事情

 

洗面所の床リフォームの費用は、他の部屋同様「工賃+材料費」という内訳になります。

工賃は工法や床材、工期(部屋の広さによって工期が変わることがある)によって変わりますが、張り替える場合はおおよそ5万円~、既存の床に重ね貼りする場合は3万円~となっています。

防水性が高く、比較的安価で様々な柄の種類がある「クッションフロア」は、踏み心地がふかふかしているので冬特有のヒヤリ感を軽減することが可能です。

また、他の部屋と統一感を出したい場合は「複合フローリング」がおすすめです。

なるべく他の部屋と色や柄を合わせれば、家の統一感を損ねることなく快適な空間を作ることができます。

床材は「クッションフロア」や「複合フローリング」以外にも多種多様に存在するので、地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談して、理想の空間を実現しましょう!

地域の事情に詳しい点と、豊富な経験から最適な提案をしてくれるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、洗面所の床リフォームの費用や相場感についてご紹介しました。

洗面所の床は、家のなかでもキッチンに続いて水分に晒される場所なので、水分に強い素材の床材を選びましょう。

また、長く防水性を保つためには適切な施工ができるプロに頼むことがおすすめです。

もしDIYで少しの隙間などがあると、腐食や傷むスピードが早く、何度もリフォームをすることになりかねません。

プロに依頼する際は、地域の床事情に詳しい地域密着のフローリングリフォーム専門に相談することをおすすめします。

まずは、お見積り

  • お電話でもお気軽にお問い合わせください

    0120-554-938

    受付時間:平時9:00~18:00
    (定休:火曜日・隔週水曜日)

  • メールでのお問い合わせ

    WEBで確認WEBで確認

    24時間受付中