キッチンの床の張り替えにかかる費用の相場とは?愛知県調べ 更新日:2020年10月17日

キッチンの床の張り替えの目安は約20年と言われていますが、床が浮いてきた….軋むなど、異常を感じるようになってきたらリフォームを検討するサインと言われています。

床の異常の他にも、模様替えなどでキッチンのリフォームを考えている場合もあると思いますが、どちらにせよ気になるのは「費用がどのくらいかかるのか」ということではないのでしょうか。

そこで今回は、愛知県でキッチンの床の張り替えにかかる費用の相場についてご紹介します。

リフォームを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

キッチンで人気の床材

 

キッチンは、家の中でも水回りの場所であり、床材の大敵である水気が多い場所です。

そのため、キッチンでは撥水効果が高く汚れに強い床材は人気です。

ここでは、そのなかでも様々な観点から人気のある床材をいくつかご紹介します。

まずは、タイルです。

タイルは、撥水効果や汚れにも強く手入れが簡単なので、とても人気があります。

昨今では、タイル特有の冷たさや滑りやすさを改善したものもあるので、ぜひお近くの地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談してみてください!

次に、クッションフロアです。

クッションフロアはビニール加工されているので、タイルと同様に撥水効果があり、汚れにも強い素材で、とても人気があります。

そして、価格が他の素材に比べてお手軽なものが多く、コスパ良くリフォームをしたい人にはぴったりな素材なのです。

このように、キッチンには多種多様な床材が存在しているので、ニーズにあった床材を選択して、理想のキッチンを実現しましょう!

 

キッチンの床の張り替えにかかる費用の相場

 

キッチンの床の張り替えにかかる費用は、他の部屋と同様に工賃と素材の費用で構成されています。

工賃の目安は、一般的な4畳でおおよそ3万円です。

そこに材料費がかかってきます。

材料費は材料によって大きく左右されます。

コスパの良いフロアキッチンだと、1平行メートルあたり約3000円からありますが、高級感を求める方に人気な大理石で作られたパネルの場合、1平方メートルあたり約20000円と素材により大きな値段の幅があるのです。

キッチンの床を張り替える際は、用途と予算にあった床材を選びましょう。

 

快適なキッチンにしたいならプロに相談してみよう

 

キッチンの床のリフォームは、DIYすることも可能です。

キッチンということもあり、作業日数もさほどかかりません。

しかし、キッチンは家の中でも水気が多い場所にあります。

リフォームをDIYで行った際、万が一隙間ができてしまうなどの不備があった場合は、床や床の下地の痛みを進めてしまう原因になりかねません。

また、いざ床を剥がしてみたら下地の傷みが進行していた場合、DIYで修復するには限界がありあます。

そういったことを含め、快適により長持ちする床にリフォームするためには、まずプロに相談することをおすすめします。

特に地域密着のフローリングリフォーム専門店だと、リフォーム後にトラブルがあった場合も相談しやすく、安心感を得ることができるでしょう。

また、地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば、低価格でペット用の床材にも対応可能です。

 

関連記事

まとめ

 

今回は、キッチンの床の張り替えにかかる費用の相場についてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

キッチンの床の張り替え費用は、床の素材によって大きく左右されます。

キッチンの床のリフォームの目安は約20年であり、頻繁に行うものではないので、予算や好みを考慮し後悔しないリフォームを楽しんでください!

地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談すると、快適な家づくりを実現することができるので、ぜひ相談してみましょう。

トイレの床の張り替えを行う際の注意点 更新日:2020年08月15日

トイレは日頃良く使う場所ということもあり、なるべく清潔に保ちたいと思う方が多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが床の張り替えと壁紙の張り替えです。

トイレの床や壁は、水滴や飛び散りによって、汚れや変色、カビのリスクが高くなる場所です。

また、トイレの床は水回りということもあり、長年にわたり放置していると床鳴りが発生し、修繕しないと床が抜けてしまうことにつながりかねません。

そんな事態を招かないためにも、床の張り替えはとても大切なのです。

今回は、トイレの床の張り替えについてより詳しくご紹介します。

是非、トイレの床のリフォームを検討している方は参考にしてください!

 

トイレの床の張り替えの注意点

 

トイレの床を張り替えるとき、いくつか注意することがあります。

まずは、トイレという環境をしっかりと理解することが大切です。

トイレは家の中でも代表的な水回りのエリアです。

居間などに比べて湿気や水分が多く、床のきしみなどを引き起こしやすい環境にあります。

そのため、トイレの床を張り替えるときは床材選びがとても重要です。

トイレの床材を選ぶときに注意しておきたいポイントは以下の通りです。

 

  • 掃除が簡単
  • 水分に強い
  • 消臭効果がある
  • 耐久性がある
  • 床材のデザインと壁紙の相性

 

尿の飛び散りや手を洗ったときに水滴が落ちるなど、トイレの床はとても汚れやすい場所なので、できるだけこまめに掃除をしたいものです。

毎日の掃除を簡単にするためには、凹凸がない素材や継ぎ目がない素材を選ぶと、汚れが入りづらくてさっと拭き取りやすいのでおすすめです。

また、デザイン性ももちろん大切ですが、見た目に重きを置きすぎて、耐水性や消臭効果、耐久性のすくない素材などを選択すると、早くて1年〜2年で痛みが深刻になってしまう場合があるため注意が必要です。

トイレの床の張り替えタイミングは、床の汚れが酷く掃除してもなかなか綺麗にならない場合や床がきしむ場合などが挙げられます。

他にも、トイレの便器をリフォームする時に一緒に床や壁紙の張り替えをすることもあります。

その際には、便器や壁紙と相性のよいデザインのものを選びましょう。

 

トイレの人気床材3選

 

汚れや匂い、耐久性など快適に長く清潔に保つには条件が多いトイレの床材ですが、世間一般ではどのような素材のものが人気なのでしょうか。

人気のある床材を3つご紹介します。

まず、ダントツの人気床材は「クッションフロア」です。

表面が塩化ビニールでできており、水分をよくはじくので汚れがついてもさっと拭くだけで清潔さを保つことができます。

耐久性もあり、費用も安く、お洒落な柄の入ったものが多いので選ばれているようです。

次に、「フロアタイル」です。

一見、本物のタイルに見えたり、フローリングに見えるものが多く、クッションフロアより高級感があることが特徴となっています。

クッションフロアに比べて分厚く、耐久性が優れているものが多く、価格も比較的手頃なので選ばれています。

最後にご紹介するのは「フローリング」です。

他の部屋との一体感を演出するためには「フローリング」は最適です。

ただし、普通のフローリングではなく、高機能合板フローリングを選びましょう。

中でも、より長く綺麗に使うために、消臭加工や防汚加工などコーティングされているものがおすすめです。

ちなみにですが、ペットがいるご家庭にも、トイレ以外の部屋にも今回ご紹介した床材はおすすめです。

ペットの匂いなどで悩まれている方でもし、床のリフォームを検討している場合は是非参考にしてみてください!

 

手早く工事を済ますならプロにお任せ!

 

トイレの床の張り替えは、比較的面積が狭く自分でも簡単にできると思われがちですが、意外に難しく手間がかかります。

通常の床の張り替えと違い、便器の設置面の複雑な形状にぴったりとはまるように仕上げなければいけませんし、便器と壁の隙間は大人だと無理な体勢を続けなければならずとても大変です。

労力や時間、費用を加味すると、コスパ良く作業することができるプロに任せることが一番です。

トイレの床の張り替えを行うときは一度、地域に密着したフローリングリフォーム専門店に相談してみましょう。

また、トイレの床同様にペット用の床のリフォームを検討している場合も、低価格で対応してくれる可能性があるためおすすめです。

ペット特有の匂い問題などにも最適な提案を受けることができます。

 

まとめ

 

今回は、トイレの床の張り替えを行う際の注意点についてご紹介しました。

トイレは普段の生活の際によく使用する水回りであり、床が汚れやすい場所です。

床の汚れなどを放置してしまうと、床の土台を痛めてしまう恐れもあります。

長く清潔に使うためにも、ご紹介したことを参考に最適な素材を選んでみてください。

また、張り替えを行う際には、無理をせずプロに依頼して適切な施工をしてもらいましょう。

 

関連記事

まずは、お見積り

  • お電話でもお気軽にお問い合わせください

    0120-554-938

    受付時間:平時9:00~18:00
    (定休:火曜日・隔週水曜日)

  • メールでのお問い合わせ

    WEBで確認WEBで確認

    24時間受付中