フローリングの寿命は何年? 更新日:2020年12月09日

表面加工された木材系材料の床材であるフローリングは、今や私たちが住む住宅に多く使用されるものです。

フローリングは畳やカーペットとは異なり、ダニが発生する心配がなく、掃除がしやすいといった魅力があります。

特に小さいお子様がいる家庭では、お子様が飲み物をこぼしてもすぐに拭き掃除ができるため、重宝されています。

しかし、そんなフローリングも長く使い続けることによって劣化が生じるため、タイミングを見て張り替える必要があるのです。

そこで、今回はフローリングの寿命や、長く使い続けるためのコツをご紹介させて頂きたいと思います。

 

一般的なフローリングの寿命はどれくらい?

フローリングの寿命は、およそ10年から15年前後といわれています。

寿命を迎えたフローリングは床材の損傷や剥がれ、床鳴りといった症状が現れるためすぐに分かるでしょう。

ただし、フローリングに傷をつけたり、負荷をかけているとさらに寿命が短くなる可能性があるので、注意が必要です。

フローリングを劣化させる要因は、主に3つ挙げられます。

1つ目は水分です。

キッチンや洗面所などでは、飲み水をこぼしたり、結露などによってフローリングが水を吸収し、劣化が生じます。

水分を吸収した場合、木材に変色が生じ、腐食してしまうのです。

2つ目は、日光による日焼けです。

日当たりの良い場所では、特に日光が当たった場所から変色やひび割れが生じます。

3つ目は、傷です。

家具を引きずったり、重いものを落とすことで床に傷が生じます。

また、眼には見えない小さい傷や細かい傷は知らぬ間に生じてしまうものです。

こうした大小に関わらず、生じた傷から劣化が進んでフローリングの寿命を短くしてしまいます。

ちなみに、ペットを飼っている家庭の場合は、尿による水分吸収や、爪によるフローリングへの傷によりフローリングが劣化しやすいため、注意が必要です。

 

フローリングの寿命を伸ばすコツ

フローリングの寿命を伸ばすためには、先ほどご紹介させて頂いた3つの要因の対策を行う必要があります。

しかし、そのどれもが注意をしていても完全に防ぐことは不可能です。

そのため、現在ではフローリングのコーティングや、耐久性の高いフローリングへの張り替えなどが有効とされています。

コーティングをする場合、液体ガラスの成分を塗布するガラスコーティングや、有効成分を塗布した後にUV照射器を用いるUVコーティングがあります。

フローリングをコーティングすることにより、寿命を大幅に伸ばすことが可能です。

 

まずはプロに相談を!

一口にフローリングといっても、使用状況や環境によって推奨できるものとそうでないものがあります。

例えば、ペットを飼っている家庭の場合では耐久度だけではなく、尿対策として水分に強いものや、お手入れのしやすさといった性能も重視されます。

さらに、ペットが滑って転ばないような滑りにくさも求められるでしょう。

そんな時は、フローリングリフォームを行う業者に相談することをおすすめします。

プロに依頼することによって、ニーズに沿ったフローリングを選択し、施工してくれます。

特に、地域密着型のフローリングリフォーム専門店であれば、依頼するとすぐに駆けつけてくれるでしょう。

ペット用のフローリングリフォームを検討されている方は、求めている性能が多くあるため費用も多くかかってしまいます。

地域密着のフローリングリフォーム専門店に依頼すると、低価格でペット用の床材に対応してくれるでしょう。

 

まとめ

今回はフローリングの寿命や、長く使い続けるためのコツをご紹介させて頂きました。

フローリングをリフォームする場合は、費用や施工内容など、心配になる点が多くあるでしょう。

そのため、信頼できる業者に依頼することが大切です。

地域密着型のフローリングリフォーム専門店であれば、対応や金額、アフターフォローまで幅広く対応してくれるため、安心してお任せすることができるでしょう。

フローリングを長く使いたいという方や、ペットを飼っていてフローリングをリフォームしたいという方は、地域密着型のフローリングリフォーム専門店に相談してみましょう。

まずは、お見積り

  • お電話でもお気軽にお問い合わせください

    0120-554-938

    受付時間:平時9:00~18:00
    (定休:火曜日・隔週水曜日)

  • メールでのお問い合わせ

    WEBで確認WEBで確認

    24時間受付中