床暖房対応のフローリング材とメリットデメリット 更新日:2021年02月19日

私たちが住む家を足元から暖めてくれる床暖房は、近年急速に普及が進み、今では多くの家庭で重宝される存在です。

床暖房は、足元を暖めてくれるだけでなく、ふく射熱と呼ばれる床から広がる熱によって部屋全体を暖めてくれる画期的なシステムです。

暖かい空気を出すことで、部屋を暖める従来の暖房機器とは、仕組みが大きく異なっています。

そんな床暖房ですが、一般的に用いられるフローリング材のままで床暖房を設置した場合、思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。

床暖房導入の際は、同時に床暖房対応のフローリング材へのリフォームを検討される方も多いのです。

今回は、そんな床暖房対応のフローリング材についてご紹介させて頂きます。

 

床暖房対応のフローリング材とはどんなもの?

一般的に用いられているフローリング材のままで床暖房を設置すると、内部に含まれる水分が床暖房の熱により温められることで、フローリング材の反りや割れを引き起こしてしまう危険性があります。

また、熱伝導率が悪くなるため、床暖房の暖房効果を半減させてしまう可能性もあります。

そこで登場するのが、床暖房対応のフローリング材です。

床暖房対応のフローリング材には、MDF基材や合板で構成された複合フローリング、木材内部の水分量を落として塗装を施した無垢フローリング、合板基材に無垢の挽板材を合わせた複合フローリングなどがあります。

木材の収縮リスクを抑え、温度変化にも耐えられるといった特性があるため、熱による反りや割れなどのリスクが軽減されるのです。

 

床暖房対応のフローリング材にするメリット

床暖房対応のフローリング材を使う大きなメリットは、床暖房によって起こる可能性があるフローリングの割れや、反りを未然に防ぐということです。

床暖房を導入しても、フローリングに異常が起これば、何の意味もありません。

起こり得るリスクへの対策として床暖房対応のフローリング材にすることは、大変メリットがあるのです。

また、床暖房対応のフローリング材には種類があり、中には無垢材を用いたものもあります。

木の魅力を存分に味わうことができる無垢材は、床暖房の有無に関係なく、非常に人気があるフローリング材の1つです。

床暖房の導入と共に、フローリング材を無垢材にリフォームをすることをオススメします。

 

床暖房対応のフローリング材にするデメリット

床暖房対応のフローリング材の導入を検討する上で、一番頭を悩ませるのが、価格の問題です。

一般的なフローリング材とは異なり、床暖房対応のフローリング材は、金額や施工費用が比較的高い傾向にあります。

本体だけでも㎡あたり10,000円を超えるものが多いため、床暖房の設置に興味があっても、施工をためらう方が多くいらっしゃるでしょう。

ただし、メーカーによって床暖房対応のフローリング材の価格は異なりますので、それぞれをじっくり比較検討することをオススメします。

 

まとめ

今回は、床暖房対応のフローリング材について、ご紹介させて頂きました。

床暖房を導入すれば、足元から部屋を暖めてくれるため、部屋全体が快適な空間になるでしょう。

床暖房を導入する際は、床材を傷めないためにも、床暖房対応のフローリングへの交換を検討事項に入れる必要があります。

ただし、床暖房対応のフローリング材は費用がかかるので、慎重に検討している方も多いと思います。

そんなときは、地域密着のフローリングリフォーム専門店への依頼がオススメです。

長年施工を行ってきた実績がある地域密着のフローリングリフォーム専門店は、低価格で高品質な施工が期待できます。

また、予算や工事内容など、様々な面で柔軟に対応してくれます。

見積を依頼する際は、不安な点やお困りごとを積極的に相談してみましょう。

低価格で高クオリティの床リフォームをご検討の際は、地域密着のフローリングリフォーム店へぜひ相談してみてください。

床を大理石にしたい!メリットとデメリットは? 更新日:2021年01月04日

多くの家庭では、フローリングか畳の床が主流でしょう。

しかし、近年では自宅の床を大理石にリフォームする方も増えています。

大理石と言えばホテルや会社などで使用される床材であるため、高級感のある雰囲気に仕上がります。

しかし、そうした雰囲気以外にも大理石にリフォームするメリットがあることはご存じでしょうか。

今回は、自宅の床を大理石にリフォームしたいと考えている方に向けて、そのメリットとデメリットについてご紹介させて頂きます。

 

床を大理石にするメリットは?

大理石の大きな特徴と言えば、高級感のある光沢やツルツルとした表面です。

こうした特徴により、カーペットや畳などとは異なり、付着したゴミや汚れが目立ちにくくなるといった効果があります。

また、万が一液体をこぼしても大理石は水を吸収しないため、すぐに水拭きができるというメリットもあります。

そのため、お子様がジュースをこぼしてしまっても、すぐに拭き取ることができ、ベタベタしにくいのです。

また、耐久性に優れているため、傷がつきにくいといったことも特徴の1つです。

物を落としてしまった場合、フローリングではすぐに傷がついてしまいますが、大理石では傷がつきくいため表面をきれいに保つことができます。

このように、大理石には見た目以外にも機能性に優れているのです。

ジュースをこぼしたり、物を落としがちなお子様がいる家庭にも大理石の床が向いているといえるでしょう。

 

床を大理石にするデメリットは?

先ほどは床を大理石にリフォームするメリットをご紹介させて頂きましたが、検討する際にはデメリットも知っておきたいものです。

大理石は表面の光沢により、ゴミや汚れが目立ちにくいというメリットをご紹介させて頂きましたが、一方で掃除がしにくいというデメリットがあります。

目視でゴミや汚れが分かれば、その場所をピンポイントで清掃できますが、それが分かりにくいため、掃除がしにくいのです。

まだ、ツルツルした表面により、転倒のリスクが高いといった特徴もあります。

特に、床が濡れてしまった場合にはそのリスクが非常に高まるでしょう。

そのため、高齢者のいる家庭では、床にカーペットを敷くなどの対策が求められるのです。

さらに、大理石を構成する成分は石灰岩であるため、中性以外の液体が付着をして時間が経過すると変色するリスクもあります。

このように、大理石の床にはメンテナンスの手間と、転倒のリスクがあるのです。

 

床を大理石にするための費用は?

床を大理石にリフォームするメリットとデメリットをご紹介させて頂きましたが、やはり一番気になるのは費用でしょう。

大理石へのリフォームの相場は、6畳で約30万円から約150万円です。

使用する大理石の種類や施工場所によって異なるため、金額の幅が広がります。

また、リフォームを行うにあたって、既存の床板の上から大理石パネルを張り付ける方法と、床板を剥がして大理石パネルを貼る方法があります。

このような、施工方法によっても金額は上下するでしょう。

リフォーム費用は依頼する業者や施工方法、施工環境によって金額が異なるため、事前に見積もり依頼を行い、慎重に検討しましょう。

 

まとめ

今回は、自宅の床を大理石にリフォームするメリットとデメリットについて、ご紹介させて頂きました。

大理石は高級感だけでなく機能性にも優れている反面、メンテナンスや転倒リスクもあるため、床を大理石にしたい場合は、一度専門家に相談するといいでしょう。

そんな時は、地域密着のフローリングリフォーム専門店に依頼することをオススメします。

地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば、専門家の目線で大理石のメリットとデメリットについてアドバイスしてくれるでしょう。

低価格で高クオリティの床リフォームをご希望の方は、地域密着のフローリングリフォーム専門店へご相談ください。

床を無垢フローリングにしたい!そのメリットとデメリット 更新日:2020年12月25日

複数の木板を張り合わせた合板フローリングは多くの家庭で親しまれています。

合板フローリングは傷や凹みに強く、ひび割れしにくいといった特徴があるため、使い勝手がいい素材として有名です。

しかし、近年では無垢材を用いた無垢フローリングの人気が高まっていることはご存じでしょうか。

天然木を1枚の板に加工した無垢材を使用しており、木の本来の性能を期待できるのです。

フローリングは、私たちの生活の足元を支えているため、使い心地が良いと快適な生活が送れるでしょう。

そのため、新築での無垢フローリングはもちろんのこと、現在は合板フローリングを使用している方でも無垢フローリングにリフォームをしたいという方が多くいらっしゃいます。

そこで、今回は床を無垢フローリングへリフォームすることを検討している方に向けて、そのメリットとデメリットについてご紹介させて頂きます。

 

床を無垢フローリングにするメリットは?

天然木を1枚の板に加工して施工をする無垢フローリングは、木の持つ調湿作用が見込めるでしょう。

調湿作用とは、空気中の余分な水分を吸い取り、乾燥するとその水分を吐き出すという働きのことを指します。

この作用により、室内は快適な湿度に保たれるのです。

また、木には熱伝導率が極端に低いといった特徴もあります。

そのため、冬の気温によって足元が冷えることを防いでくれるでしょう。

そして、無垢フローリングの最大の特徴である、木の香りを楽しむことができることも大きなメリットです。

木の香りは、木から発せられるフィトンチッドによるものとされており、これには消臭・脱臭効果や、精神を落ち着けてくれる作用があるのです。

このように、無垢フローリングは私たちの快適な生活を足元から支えてくれる素材といえるでしょう。

 

床を無垢フローリングにするデメリットは?

無垢フローリングには調湿作用があるため、部屋の環境を快適に保つことができるとご紹介させて頂きましたが、実は木は水分の吸収と放出を繰り返すために伸縮と膨張を繰り返します。

そのため、フローリングに反りや隙間、ひび割れが起こりやすくなるのです。

また、無垢フローリングは天然木であるため、傷がつきやすいといったデメリットもあります。

水にも弱いため、水をこぼしたらすぐに拭き取らないと汚れやカビの原因にもなります。

このように、快適な環境を保つことができる無垢フローリングは、耐久性に不安があるといったデメリットもあるでしょう。

 

無垢フローリングにリフォームするべき?

無垢フローリングは家を快適な環境に保つことができる魅力的なフローリングです。

しかし、傷がつきやすく水に弱いといった弱点もあります。

そのため、リビングには適していますが、キッチンやトレイなどの水回りには不向きです。

無垢フローリングへリフォームを行う場合には、家のどの場所を無垢フローリングにするかを検討し、施工費用の見積もり依頼を行うことをオススメします。

また、無垢フローリングには使用する木材の種類によって、香りや効果が異なるため、自身に適した木材の選定も大切なことです。

無垢フローリングにするメリットとデメリットを考慮したうえで、リフォームを行うようにしましょう。

 

まとめ

今回は、床を無垢フローリングへリフォームするメリットとデメリットについてご紹介させて頂きました。

無垢フローリングへのリフォームを検討するためには、施工箇所や使用する木材の検討を行う必要があります。

しかし、こうした検討を行うにも専門的な知識が必要になってくるため、専門業者に依頼をする必要があるでしょう。

そこで、地域密着のフローリングリフォーム専門店へ相談することをオススメします。

地域密着のフローリングリフォーム店であれば、大手業者と比較しても安い金額で施工をしてくれます。

また、専門家の視点で、施工箇所や適した木材の選定を行ってくれるため、非常に安心です。

低価格で高クオリティの床リフォームを行いたい方は、まずは地域密着のフローリングリフォーム店へご相談ください。

まずは、お見積り

  • お電話でもお気軽にお問い合わせください

    0120-554-938

    受付時間:平時9:00~18:00
    (定休:火曜日・隔週水曜日)

  • メールでのお問い合わせ

    WEBで確認WEBで確認

    24時間受付中