ペットによる「床の傷」を避けるには床リフォームが鍵! 更新日:2020年10月27日

「ペットは家族」という考えが主流になり、家のなかで一緒に過ごすことが多くなったペット。

室内で共に過ごすことが増える一方で、様々な問題も発生するのです。

例えば、「床の傷」「騒音」「フローリングによるペットの足への負担増」「臭い」などがあります。

ペットと快適に過ごすためには様々な工夫が必要なのです。

そこで今回は、様々な課題があるなかでペットによる「床の傷」のリスクをどのようにすれば避けることができるのかについてご紹介します。

現在ペットがいらっしゃる方や、これから迎えようとしているご家庭で、床のリフォームを検討している場合は参考にしてみてください!

 

ペットによる「床の傷」を放置してはいけない理由

 

ペットを室内で飼育しているとどうしても起こりうる問題、それが「床の傷」です。

日頃爪の長さを管理するなど対策をしても、床の傷はつきものです。

床の傷は絶対に放置してはいけません。

床の傷の原因はペットだけに限りませんが、傷を放置し続けた場合、本来水気や汚れなどから家を守っている床の機能を十分に発揮することができません。

傷みの度合いにもよりけりですが、最悪の場合床の腐食の進行を後押しする原因になってしまいます。

特にペットを室内で飼育している場合、水を溢してしまったり、トイレを定位置でしなかった場合に床を通常より傷める原因にもなります。

床のリフォームは、通常20年ほどサイクルで行うものですが、床の傷を放置した場合はグッとその期間が短くなってしまいます。

現在床の傷が目立つ、一度リフォームをしたが傷がすぐに目立ってしまうという場合は、一度床の素材を見直す必要があるかもしれません。

 

ペットに最適な床材

 

前述したとおり、ペットによる床の傷は放置してはいけません。

床の素材はたくさんあるので、リフォームする際はどんな素材を使えば良いのか悩みますよね。

ここでは、ペットによる床の傷に対応しているおすすめの床の素材をいくつかご紹介いたします。

まずは、クッションフロアです。

クッションフロアは、ビニール製なので丈夫で耐久性にすぐれている素材です。

他の素材と比べ1平方メートルあたりの価格が安いので、傷が増えた場合も比較的安価で張り替えることができます。

また、クッション性があるのでペットの足腰にも優しく、匂い対しての加工がされているものもあるので、手入れがとても簡単です。

昨今では、傷がつきにくいものもあるので、ぜひ地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談してみましょう。

次に、フロアパネルです。

クッションフロア同様クッション性に優れており、汚れても水洗いすることができます。

また、1枚あたりの価格が安価なので、とても経済的に利用することができます。

他にも、フローリングでも滑りにくい加工がされたものや、水気に強いものなど様々あります。

 

ペットのために床を張り替えるならばプロに相談を!

 

ペットの床の張り替えで大切なことは「丁寧な施工」です。

例えば、ちょっとした隙間などがペットの足に引っかかってしまうと、せっかくペットのために床を張り替えたのに怪我の原因になってしまう……なんてことにもなりかねません。

安心してペットと室内で過ごすためには、プロに相談することが1番です。

プロに頼むと料金が心配という人も多いかもしれませんが、プロに依頼すればより長く床を安心して使うことができるので、実はコスパが良いのです。

予算やニーズにあった施工を提案してくれるので、まずはプロに相談してみましょう。

地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば、低価格でペット用の床材にも対応可能です。

また、地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば地元での施工事例が豊富なため、より地域の相場を知ることが可能であり、もし何かトラブルがあった時にすぐに相談できるので安心です!

 

関連記事

まとめ

今回は、ペットによる「床の傷」を避けるにはどのような床が良いのかについてご紹介させていただきました。

大切なペットと安心して暮らすためにも、家を丈夫に保つような対策をしっかり行いましょう。

ペット対応の床は高いと思われがちですが、材料や工事の方法を見直せば思ったよりも低価格での施工が実現可能です。

ペットのためのリフォームを検討している方は、ぜひお近くの地域密着のフローリングリフォーム専門店に相談してみましょう!

ペットに対応した床リフォームの費用や相場とは?愛知県調べ 更新日:2020年09月15日

昨今、様々な用途に適した床があります。

お子様の足音などの音問題に考慮したものや、傷から守るものなど様々です。

また、機能的な面だけでなく、デザイン性が高いものもたくさんあります。

床は日常生活を送る空間である部屋の大部分を占めており、床のデザインは部屋の雰囲気を大きく左右します。

様々な種類の床がありますが、今回はペットに対応した床の素材やリフォームの費用の相場などをご紹介させていただきます。

 

ペットと室内で過ごす時間が長くなった昨今、ペットに対応した床は需要が高まり多種多様な床が販売されています。

ペットのために床をリフォームしようと検討されている方は、ぜひ参考にしてください!

 

ペットに最適な床材とは

 

ペットに対応した床の素材には、どのような物があるのでしょうか。

まずは、ペットのために床がどのようなことができるのかについてご紹介します。

ペットのために床材をこだわる傾向があらわれたのは、以前に比べ気温の変化等やペット=家族という認識が一般的になり、室内で一緒に過ごす時間が増えたことにあります。

ペットが室内で過ごすと、さまざまなケアが必要不可欠です。

そのため、ペットに対応した床材のバリエーションが増えてきたのです。

ペットに適した床材は、以下のような特徴があります。

 

・クッション性がある

・滑りにくい

・消臭効果がある

・傷がつきにくい

 

通常、ペットは外で活動しており、家のフローリングの硬さは脚にとても負担がかかります。

また、滑りやすい素材も脚に負担かかってしまい、歳を重ねたペットの足腰には負担になるのです。

 

愛知県でのペット向け床リフォームの相場

 

ペット向けの床リフォームの相場は、一般的な床の張替え工事と変わりません。

業者によって値段の幅はありますが、おおよその工賃は7万円〜です。

また、工法によって値段が上下する可能性もあります。

もちろん、床材によっても相場は左右されます。

ペット向けの素材は、一度剥がして貼りなおすものから、重ね貼りするものまで多種多様です。

一般的な素材は以下になります。

 

・タイルカーペット

・クッションフロア

・複合フローリング

 

タイルカーペットやクッションフロアは、必要に応じて必要なスペースに配置するだけで利用できます。

タイルカーペットは、汚れが目立つようになればその部分だけを交換することができるので、とても便利です。

もし、部屋のフローリング全ての張替えを検討している場合は、複合フローリングがおすすめです。

カーペットは汚れに対して交換するという選択肢しかありませんが、複合フローリングは、ペットの排泄物の匂いや湿気に強く、お手入れが簡単になります。

このように、タイルカーペットやクッションフロアなど手軽に使うことができる素材も存在します。

また、複合フローリングは、長期的な目線でリフォームするならおすすめです!

 

ペットに優しい家づくりならプロに相談してみよう

 

床材の張替えは10年から20年と言われており、何度もリフォームを行うものではありません。

しかし、いざリフォームをしようと思っても、なにが最適かわからないことも多いはず……。

そんな時は、プロに相談しましょう。

相談する場合は、地域密着のフローリングリフォーム専門店がおすすめです!

地域密着の信頼できる業者を探して、ペットのために理想の床リフォームを行いましょう。

 

まとめ

 

今回は、ペットに対応した床リフォームの費用や相場についてご紹介しました。

ペットが家族の一員という認識が一般化してきた昨今、ペットに優しいフローリングや床材がたくさん販売されています。

地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば、低価格でペット用の床材を提案してくれるでしょう。

価格や機能面など多種多様な選択肢があるので、地域密着のフローリングリフォーム専門店でペットに最適な床材を探してみてはいかがでしょうか。

ペット用の床材について!室内でペットを飼うなら知っておこう【プロが教える】 更新日:2020年07月23日

「ペットの体調管理」「近所迷惑対策」「伝染病対策」など、ペットの危険を取り除く環境づくりや近隣住民との関係を良好に保つことは必要不可欠です。

一般的になってきているペットの「室内飼い」ですが、あることを考慮してあげないとペットにとってとても危険な環境になってしまいます。

この記事では、ペットを室内で飼う時に気をつけるポイントについて、ご紹介しようと思います。

家族として大切にされているペットが、安全で健康に生活するために参考になる内容なので、ぜひ最後までご一読ください!

 

ペットのために床材を配慮する理由

室内で生活するようになったペットにとって、一番怪我が多い場所をご存じでしょうか?

ペットの怪我は、散歩中のアクシデントを想定する人も多いとおもいますが、実は床がペットにとって一番危険な場所でもあるのです。

犬種にも左右されますが、フローリングによっては滑りやすい素材の場合、椎間板ヘルニア、小関節形成不全など、関節病にかかるリスクが高まってしまいます。

現状、特に犬の健康に問題がないという場合でも、ペットのためにフローリングに気を使うことはとても大切です。

毎日過ごす室内で特にペットが接することが多い床での負担を繰り返すことで、ペットが怪我をしてしまう可能性があります。

大切な家族であるペットが、なるべく長く健康で生きられるように、家のフローリングを見直してみてはいかがでしょうか?

 

ペットに優しい床材の種類と特徴

ペットに優しい床材の選び方のポイントは「滑りにくい」「ひっかき傷にも強い」「匂いがつきにくい」です。

ペットに優しい床材は、飼い主にも優しいものが多いので、自分にもあったものを選ぶと家族全員が快適に過ごすことができます。

ここでは、よく選ばれる床材をご紹介します。

まずは、「タイルカーペット」です。

タイルカーペットは、工事が簡単で価格も比較的お手頃なものが多いのが特徴です。

部分的に取り換えることが可能なので、おしっこやよだれなど汚れが目立ってきた部分だけを交換できますし、気軽に色を変更できるなど、模様替えを楽しむこともできます。

続いて、「クッションフロア」です。

これは、数ある床材のなかでも特に柔らかく、ペットに優しいものです。

ペットだけでなく小さなお子様がいるご家庭でも、おすすめの床材になるでしょう。

種類も多く様々な機能をもつものがあり、多機能になるほど値段も高くなるので「クッションフロア」を採用する場合は、予算を考慮して選ぶことをおすすめします。

最後に「フロアタイル」です。

これは、表面がザラザラとしており、ペットの足でしっかりとグリップすることができるので、滑ることがなく足への負担を軽減することができる床材です。

さらに、他の床材に比べ耐久性が高く、ペットが走り回っても比較的傷みが少なく、長持ちします。

 

工事はプロに依頼しましょう

昨今、手軽に床材が手に入るようになり、DIYも一般的になっています。

フローリングをご自身でリフォームする方が増えてきましたがペット用にリフォームする時はプロに依頼しましょう。

なぜなら、予算に見合った最適な素材の知識や確かな工事技術があるからです。

フローリングの工事は何度も行うものではありませんし、工事にかかる期間が長引けばそれだけペットにかかる負担は増加します。

納得した床材で、過ごしやすい環境を作るためにもプロに依頼することをおすすめします。

特にお住まいの地域に密着したフローリングリフォーム専門店であれば、その地域の気候なども鑑みて、納得のいく提案をしてくれるでしょう。

 

まとめ

昔とは違い、ペットを室内で飼うことが一般化している今、大切な家族であるペットのためにもフローリングが最適かどうか、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

この記事でご紹介していないペットに優しい床材はまだまだあります。

ペットと毎日を快適に過ごすためにも、最適な床材を探しましょう。

是非、お近くのフローリングリフォーム専門店のプロにご相談してみてください。

まずは、お見積り

  • お電話でもお気軽にお問い合わせください

    0120-554-938

    受付時間:平時9:00~18:00
    (定休:火曜日・隔週水曜日)

  • メールでのお問い合わせ

    WEBで確認WEBで確認

    24時間受付中