ペット用の床材について!室内でペットを飼うなら知っておこう【プロが教える】 更新日:2020年07月23日

「ペットの体調管理」「近所迷惑対策」「伝染病対策」など、ペットの危険を取り除く環境づくりや近隣住民との関係を良好に保つことは必要不可欠です。

一般的になってきているペットの「室内飼い」ですが、あることを考慮してあげないとペットにとってとても危険な環境になってしまいます。

この記事では、ペットを室内で飼う時に気をつけるポイントについて、ご紹介しようと思います。

家族として大切にされているペットが、安全で健康に生活するために参考になる内容なので、ぜひ最後までご一読ください!

 

ペットのために床材を配慮する理由

室内で生活するようになったペットにとって、一番怪我が多い場所をご存じでしょうか?

ペットの怪我は、散歩中のアクシデントを想定する人も多いとおもいますが、実は床がペットにとって一番危険な場所でもあるのです。

犬種にも左右されますが、フローリングによっては滑りやすい素材の場合、椎間板ヘルニア、小関節形成不全など、関節病にかかるリスクが高まってしまいます。

現状、特に犬の健康に問題がないという場合でも、ペットのためにフローリングに気を使うことはとても大切です。

毎日過ごす室内で特にペットが接することが多い床での負担を繰り返すことで、ペットが怪我をしてしまう可能性があります。

大切な家族であるペットが、なるべく長く健康で生きられるように、家のフローリングを見直してみてはいかがでしょうか?

 

ペットに優しい床材の種類と特徴

ペットに優しい床材の選び方のポイントは「滑りにくい」「ひっかき傷にも強い」「匂いがつきにくい」です。

ペットに優しい床材は、飼い主にも優しいものが多いので、自分にもあったものを選ぶと家族全員が快適に過ごすことができます。

ここでは、よく選ばれる床材をご紹介します。

まずは、「タイルカーペット」です。

タイルカーペットは、工事が簡単で価格も比較的お手頃なものが多いのが特徴です。

部分的に取り換えることが可能なので、おしっこやよだれなど汚れが目立ってきた部分だけを交換できますし、気軽に色を変更できるなど、模様替えを楽しむこともできます。

続いて、「クッションフロア」です。

これは、数ある床材のなかでも特に柔らかく、ペットに優しいものです。

ペットだけでなく小さなお子様がいるご家庭でも、おすすめの床材になるでしょう。

種類も多く様々な機能をもつものがあり、多機能になるほど値段も高くなるので「クッションフロア」を採用する場合は、予算を考慮して選ぶことをおすすめします。

最後に「フロアタイル」です。

これは、表面がザラザラとしており、ペットの足でしっかりとグリップすることができるので、滑ることがなく足への負担を軽減することができる床材です。

さらに、他の床材に比べ耐久性が高く、ペットが走り回っても比較的傷みが少なく、長持ちします。

 

工事はプロに依頼しましょう

昨今、手軽に床材が手に入るようになり、DIYも一般的になっています。

フローリングをご自身でリフォームする方が増えてきましたがペット用にリフォームする時はプロに依頼しましょう。

なぜなら、予算に見合った最適な素材の知識や確かな工事技術があるからです。

フローリングの工事は何度も行うものではありませんし、工事にかかる期間が長引けばそれだけペットにかかる負担は増加します。

納得した床材で、過ごしやすい環境を作るためにもプロに依頼することをおすすめします。

特にお住まいの地域に密着したフローリングリフォーム専門店であれば、その地域の気候なども鑑みて、納得のいく提案をしてくれるでしょう。

 

まとめ

昔とは違い、ペットを室内で飼うことが一般化している今、大切な家族であるペットのためにもフローリングが最適かどうか、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

この記事でご紹介していないペットに優しい床材はまだまだあります。

ペットと毎日を快適に過ごすためにも、最適な床材を探しましょう。

是非、お近くのフローリングリフォーム専門店のプロにご相談してみてください。

まずは、お見積り

  • お電話でもお気軽にお問い合わせください

    0120-554-938

    受付時間:平時9:00~18:00
    (定休:火曜日・隔週水曜日)

  • メールでのお問い合わせ

    WEBで確認WEBで確認

    24時間受付中