フローリングの傷直しに役立つ!補修キットをご紹介 更新日:2021年04月07日

普段何気なく歩いているフローリングですが、傷を発見したことはありませんか。

フローリングは意外と傷がつきやすいため、傷がついたことに気が付くのが遅くなることもあります。

傷を見つけてしまうと、どうしても気になってしまうものです。

しかし、傷を補修する方法がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回はフローリングの傷直しに役立つ補修キットをご紹介させて頂きます。

 

フローリングに傷がついてしまう原因とは?

フローリングに傷がついてしまう原因は、様々あります。

例えば、食器やリモコンなどのような、部屋にある物を落とすことです。

この場合は、フローリングに小さい傷か凹みが付くことがあります。

他には、家具などを引きずる時にできる、引っかき傷です。

大きい家具を移動する際に持ち上げることができずに引きずると、フローリングにすったような跡が残ってしまいます。

また、キャスター付きの椅子で移動した場合も、フローリングに引っかき傷ができることがあるため、注意が必要です。

これら以外にも、ペットの引っかき傷や、重い家具による凹みなども考えられます。

フローリングの傷を防ぐには、原因を特定することで傷つきにくい対策を考えることが、大切なのです。

 

フローリングに傷がつくと起こるトラブル

フローリングの表面は単板と呼ばれており、その下に基材やサネと呼ばれる複数の層で構成されています。

フローリングに傷がついてしまうと、傷から埃や汚れが入り込み、徐々に蓄積されていきます。

蓄積した汚れは単板と基材の間に入り込み、その2つの層をくっつけている接着剤を劣化させてしまうのです。

接着剤が劣化した場合、傷の周辺から単板が浮いてきてしまい、フローリングの寿命が大幅に縮まってしまいます。

このようなフローリングに起こるトラブルは、小さい傷からでも起こり得るため、細かい傷でも早急に補修する必要があるのです。

 

傷直しに役立つ補修キット

最近では、フローリングの傷直しに役立つ補修キットが充実しています。

補修キットには、フローリングと同じ色のソフトスティックやカラーペンなどが入っています。

ソフトスティックやカラーペンで傷をふさぎ、目立たなくすることで、傷を補修するのです。

この補修キットを使用すれば、専門知識や技術がなくてもフローリングについた傷を、簡単に補修することができるでしょう。

補修キットの金額は商品によって異なりますが、1500円から5000円まであります。

傷がついたフローリングに悩まれている方は、補修キットをお試しください。

 

まとめ

今回は、フローリングの傷直しに役立つ補修キットを、ご紹介させて頂きました。

フローリングの傷は、ついつい放置してしまいがちですが、その傷からフローリングの劣化が進んでしまうため、放置してはいけません。

もし、フローリングについた傷を発見した場合は、今回ご紹介させて頂いた補修キットなどを有効活用してみましょう。

ただし、傷だらけになってしまったフローリングや、すでに単板が浮いてしまっているフローリングにお悩みの方は、補修キットではなく、リフォームを検討することをオススメします。

しかし、リフォームには相応の金額がかかるため、前向きに検討することができない方も多いでしょう。

そんな時は、地域密着のフローリングリフォーム専門店に依頼することをオススメします。

地域密着のフローリングリフォーム専門店は、予算に応じた施工のご相談を承っているため、金額面の不安も解決できるでしょう。

また、長年その地域で培ってきた技術があるため、高クオリティの施工を期待できるでしょう。

さらに、施工後のアフターメンテナンスまで丁寧に対応してくれるので、困ったことがあれば気軽に相談することもできます。

低価格で高クオリティの床リフォームをお考えの際は、地域密着のフローリングリフォーム店に相談してみましょう。

傷つきにくいコスパ最高の床材をプロがご紹介 更新日:2020年12月16日

ものをうっかり落としてしまい、床を傷つけてしまった!といった経験はありませんか?

床は、案外簡単に傷ついてしまうものです。

床の傷は、床の腐食の原因になることはもちろん、なにより見た目が気になります。

小さなお子様やペットと室内で過ごしている家庭だと、特に床の傷について悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

傷ついてしまった部分を修復することは大切ですが、今後のことを考えて傷つきにくくコスパの良い床材にリフォームをすることも、選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、傷つきにくいコスパの最高の床材をいくつかご紹介します。

ぜひ、参考にしてください!

 

床材に傷がつく原因

床を見ると「つけた記憶がないが傷がある!」ということがよくあります。

なぜなら、床が傷つく原因は日常生活にあるからです。

床の傷を防ぎたい場合は、日常の動作を少し意識することで、傷がつくリスクを軽減できるはずです。

ここでは、実際に床材が傷つく原因をご紹介します。

もっとも多いのが、椅子など家具を引きずった時です。

特に、椅子を引くという行為は日常的に行うもので、特に意識せず行っているはずです。

ほかにも、模様替えなどで定期的にものを動かす際は、床を傷つけやすくなっています。

次に、ペットによるひっかき傷です。

ペットの爪は、フローリングに深い傷をつける原因になります。

また、ペットの場合、予期せぬ場所でおしっこをしてしまうと、水分で床を傷めてしまう原因になってしまうのです。

床が傷つく原因は、多岐にわたります。

素材によっては、水に弱いものもあり、水気をしっかり取らないと腐食してしまうことがあります。

床は、案外簡単に傷ついてしまうので、日常生活で傷をつけないことを意識すると、きれいな状態を保つことができるでしょう。

 

原因別おすすめ床材

日常生活で気をつけていても、傷はついてしまうものです。

そんな時大切なことは、なるべく早く補修や修理をして傷を広げないことです。

床が傷んでしまった場合、その部分を取り換えることができますが、床のさらに下にある下地にまで傷みが広がってしまった場合、大掛かりな工事を行う必要があるので、早い対処がとても大切です。

対処方法は、ほかにもあります。

もし、床の年数がある程度経っている場合は、思い切ってリフォームをすることも良いかもしれません。

ここでは、リフォームの際におすすめの床材をご紹介します。

まず、水気が多い部屋におすすめなのが「クッションフローリング」です。

ビニール加工されているので、湿気に強く、また洗剤や食品がこぼれた場合でも、さっと拭き取ることで清潔さをキープすることができます。

この素材は、ひっかき傷に弱いですが、価格が比較的安価なので張り替えなども手軽に行うことができます。

次に、種類が充実している「多機能フローリング」です。

水に強いもの、傷に強いもの、防音効果があるもの、防臭効果があるものなど、様々な機能から自分に適したものを選ぶことが可能です。

リフォームをする際は、ニーズに合った床材を選びましょう。

 

リフォームをするならばプロにお任せ!

昨今、DIYが流行しており、床のリフォームを自分で行う人も増えているでしょう。

しかし、長期目線で考えた場合、お住まいのエリアにあるリフォーム会社に依頼することをおすすめします。

プロに任せると時間を節約することができ、高品質な施工を受けることができるので、長期間安心して床を利用することができます。

また、地域密着のフローリングリフォーム専門店であれば、DIYより低価格で高クオリティの床リフォームが可能です。

もし、床のリフォームを考えている場合、一度プロに相談して、DIYするのか、プロに任せるのか検討することをおすすめします。

 

まとめ

今回は、傷つきにくいコスパ最高の床材をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

床の傷を放置して下地まで傷つけてしまった場合は、大掛かりな工事が必要になり、予想以上のお金がかかってしまいます。

そうならないためには、日常の動作に気をつけたり、傷を放置しないようにしましょう。

もし、自分で対応することができない場合は、お住まいの近くにあるフローリングリフォーム専門店に依頼してみてはいかがでしょうか?

快適な床で、楽しい日常を送りましょう!

最後までご覧頂きありがとうございました。

まずは、お見積り

  • お電話でもお気軽にお問い合わせください

    0120-554-938

    受付時間:平時9:00~18:00
    (定休:火曜日・隔週水曜日)

  • メールでのお問い合わせ

    WEBで確認WEBで確認

    24時間受付中