2021年長久手市のリフォームに使える助成金と補助金について

愛知県北西部に位置する長久手市は、名古屋市のベッドタウンとして愛知県内で人気の高いエリアです。

そんな長久手市にお住いの方の中には、ご自宅のリフォームを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、長久手市にお住まいの方がお得にリフォームできるような助成金や補助金制度について、ご紹介させていただきます。

 

長久手市で耐震化リフォームに使える助成金・補助金

長久手市では、東海地震や東南海地震などのような将来起こる可能性がある大きな地震に備えて、木造住宅無料耐震診断を行っています。

例えば、無料診断で判定地が10未満と診断された場合は、木造住宅耐震改修費補助制度の対象です。

木造住宅耐震改修費補助制度を利用することにで、1戸あたり100万円を限度として補助が適用されます。

また「旧基準の木造住宅である昭和56年5月31日以前に着工された建物であること・2階建て以下であること・現在居住している」などの諸条件があるので、事前にチェックしておきましょう。

長久手市で旧基準の木造住宅にお住まいの人は、このような制度を活用することで、耐震化リフォームをお得に行うことが可能です。

 

長久手市でバリアフリー化に使える助成金・補助金

長久手市では、満65歳以上の高齢者がお住いの住宅を対象とした、高齢者住宅改修事業という補助金制度があります。

手すりやスロープの設置、床材の変更や和式トイレから洋式トイレへのリフォームなど、高齢者が安心して生活できる環境にするための工事が対象です。

この制度では、上限10万円の補助対象工事のうち、9割の補助を受けることができます。

ただし、工事開始前に長寿課に申請する必要があることを、覚えておきましょう。

 

長久手市で省エネ化に使える助成金・補助金

長久手市では、ご自宅に省エネ設備機器を設置される方に向けて、補助金の交付を行っています。

対象となる設備は、住宅用太陽光発電設備や定置用リチウムイオン蓄電システム、電気自動車等充給電設備など、さまざまです。

また、設置する設備によって補助金の額が異なるため、事前に確認することをオススメします。

他にも、この補助金は工事着工前に申請する必要があるため、着工前の申請を忘れないようにしましょう。

 

まとめ

今回は、長久手市のリフォームで使える助成金や補助金制度について、ご紹介させていただきました。

長久手市にお住まいの方は、こうした制度を活用することによって、お得なリフォームを実現することが可能です。

また、リフォーム工事を検討する際は、信頼できる業者に依頼することが大切です。

業者によっては、施工金額を格安で提示するケースがありますが、安すぎる工事はトラブルに発展することもあるため、注意しましょう。

しかし、地域密着のリフォーム専門店であれば、長年の実績や経験を生かした、質の高い施工に期待できます。

また、地域の助成金・補助金制度に詳しいため、予算に応じた柔軟な対応や、金額面の不安を解消してくれるでしょう。

リフォーム工事をご検討の際は、安心価格で高クオリティの施工が可能な地域密着のリフォーム専門店に依頼することをオススメします。